アイピルとカップルの画像

うっかり避妊に失敗してしまったかも?という不安を解消する治療薬がアイピルです。性行為の後の望まない妊娠を防ぐ特徴があり、妊娠の疑いがある場合には72時間以内の服用で回避することが可能なんです。

アイピルの特徴

アイピルはインドの製薬会社が販売する緊急避妊用の薬で、通常のピルをうっかり飲み忘れてしまった場合や、コンドームが破れたり外れて妊娠の可能性がある際に使用できるモーニングアフターピルです。
24時間以内に服用すれば95%以上の確率で避妊できると言われており、高い避妊率で人気があります。
また、価格も比較的安いことから、購入しやすく敢えて常備薬にしている人もいます。
避妊が失敗した場合にモーニングアフターピルを使用するのですが、タイムリミットは一般的に72時間以内と言われており、それを超えると極端に避妊率が下がってしまいます。
逆に早く飲むことができれば時間が短いほど成功率は高まってきます。
モーニングアフターピルはドラッグストアなどでは販売されておらず、婦人科などに行って処方してもらう必要があるのですが、仕事や生活がある人には簡単に病院に行くことができず、24時間以内に服用するのが難しいものです。
あまりに忙しいと病院に行くことも忘れてタイムリミットを過ぎてしまうということもあるため、叶うことならばアフターピルを常備したいところです。
アイピルは個人輸入によって購入することになるため、処方箋などは要らず、常備薬として置いておくことができます。
これなら性行為で避妊が失敗してもすぐに対処でき、高い確率で避妊することが可能となります。
また、アイピルは2度服用する必要のなるプラノバール錠ではなく、1度の服用で避妊ができるノルレボ錠となっているため、飲み忘れといった問題も回避できます。
注意点としてアフターピルには女性ホルモンを急激に変化させる作用があるため、吐き気や倦怠感といった副作用が起こり体調が一時的に悪くなることもあります。
また、肝機能障害や血圧に不安がある人には投与できなくなっているので、注意点を良く読んで服用するようにしましょう。

アイピルは性交渉の後の服用で100%避妊できる?

アイピルは性交渉の際に避妊に失敗した場合に服用する緊急用避妊薬です。
服用するとそのまま何もしていない状態よりも妊娠する確率を下げてくれるものですが、100%確実な避妊ができるわけではありません。
アイピルの効果は、女性ホルモンの体内の濃度を大きく変化させることで排卵をストップさせたり子宮内膜を剥離させることです。
この作用で精子が膣の中にあっても受精しないようにしたり、受精卵が着床して妊娠してしまうのを防ぐ効果があります。
しかし、これらの効果は排卵していないタイミングであったり、受精してから着床するまでの短い期間に行わなければなりません。
受精卵が子宮内膜に着床した時点で妊娠が成立してしまい、その後でアイピルを服用しても避妊効果は全くありません。
アイピルを飲むタイミングは避妊に失敗してから早ければ早いほどいいと言われています。
アイピルの使用方法である72時間以内の服用をきちんと行ったとしても、妊娠阻止率は約80%だと言われていますため、緊急用避妊薬では、避妊を100%叶えることは難しいと言えます。
しかし望まない妊娠をしてしまって中絶を行う場合の費用や肉体的、精神的な苦痛を考えれば、100%確実ではありませんが妊娠を防ぐための手段としてアイピルを服用することは有効であるとも言えます。
100%完璧な避妊を望むのならば、低用量ピルを服用することです。
毎日服用することで女性ホルモンのバランスをコントロールし、排卵自体をストップさせてしまう方法です。
排卵がストップしてしまえばどれだけ精子があっても妊娠することは出来ません。
低用量ピルは飲み忘れをなくすことができればほぼ100%の避妊ができると言われています。

アイピルの服用に適さない人と副作用とは?

アイピルとはシプラ社が開発したアフターピルのことでノルレボのジェネリック医薬品です。
コンドームの避妊率は80%と言われていますがアイピルは性行為の後24時間以内に服用すれば95%ほどの確率で避妊ができるという臨床実験の結果がある避妊薬です。
高い効果が期待できるアイピルですが、残念ながら全ての人に副作用がでないというわけではありません。
人によっては頭痛やめまい、倦怠感や不安感を感じる人もいます。
不正子宮出血や月経遅延などの生殖器系の副作用や下腹部痛や下痢、腹痛などの消化器系の副作用が出ているケースもあります。
アイピルを服用し始めた後にこれらの症状が出た場合には早めに医師へ相談することをおすすめします。
使用上の注意としては重篤な肝障害のある患者には代謝が低下しているという理由から肝臓への負担が増えてしまうため使用は禁止されています。
また、妊婦への投与は禁忌とされており女性胎児の外性器の男性化又は男性胎児の女性化などの恐れがある薬となっています。
心疾患や腎疾患がある方にも負担が増える可能性があるため使用する場合には事前に医師への相談をしましょう。
持病がある場合なども同様で薬の飲み合わせによっては副作用が出やすい場合もあります。
アイピルは24時間以内の服用で高い避妊率がある薬となっていますが、服用3時間以内に副作用などで嘔吐や下痢が起こった場合には効果が薄まってしまう場合もあります。
アイピルの服用後生理が始まれば避妊が成功したことになりますが、アイピルの副作用による不正出血の場合もありますので、心配な方は妊娠検査薬でチェックを行うと心配を減らすことができます。
これらの副作用についても理解して利用することが大切です。